塾講師としてメンタルを鍛える方法

メンタルを鍛えるには


塾講師に採用された後、研修を受ける中では、本物の塾講師になるためのメンタルケアもしっかりと行なっておくことが大切です。 生徒が理解しやすい指導を行なうことは、塾講師にとっての非常に大切な課題となります。 そして、すでに勉強ができる生徒であれば、塾へ通ってまで学ぶ必要はありません。


つまり、塾講師には、生徒の「わからない」という気持ちを理解し、理解できるように教えてあげる能力が求められているという訳です。 また、授業の間には、生徒と面と向かって、話をしながら指導を行なうこととなります。 そういった意味合いからすると、人と話すのが好きだったり、得意だったりする人には、塾講師の適性があると言えます。 そして、塾講師になるために精神面を鍛えるにあたっては、相手の身になって物事を考える能力を磨く必要があります。


このようなスキルは、勉強ができるということとはまったく関係のないものです。 したがって、自分の担当する科目に関する知識を得るのとは別に、コミュニケーションスキルを向上させる努力をする必要があります。 例えば、日常的な生活シーンの中で、他人と話す時に、相手が感じていることをイメージし、当ててみるなどの方法を実践するのも効果的な方法です。